藤井真則のブログ

このブログはリンパ球バンク株式会社の社長時代に、会社社長ブログとして会社HP上に掲載されていたものです。ちょうど還暦を迎えるタイミングで社長の責を後任に譲り一時は閉鎖しておりましたが、再開を望まれる方もいらっしゃるため、別途個人ブログとして再掲載するものです。ANK療法という特定のがん治療に関しては、同法の普及のために設立されたリンパ球バンク株式会社のHP(リンクをお願いします)をご覧ください。
本ブログは、あまり標準的ではない特殊な治療の普及にあたり、「常識の壁」を破るために、特に分野は特定せずに書かれたものです。「常識とは、ある特定の組織・勢力の都合により強力に流布されて定着したからこそ、常識化した不真実であることが多い」という前提で書かれています。

TOP > NK細胞培養に関する報道

2010年12月11日

  

がん, 免疫

2010.12.11.

この何か月か、NK細胞を取り巻く報道が
ポツポツながら増えております。

がんワクチンをはじめ、獲得免疫礼賛で、
大久保医師の発言まで
捻じ曲げ、「T細胞は強力だが、、、」と、
書いてしまった日経バイオ誌も
ついに、長々と、「NK細胞が、がん細胞に
対する強力な傷害活性をもつことはよく知られて
いたが、NK細胞を選択的に増殖させることが
難しく、これまでNK細胞を用いる治療は普及
していなかった、、、、」 やっと免疫学における
常識をそのまま書いていました。

もっとも、「普及していなかった」と言われて
黙っているわけにはいきませんが、ともかく、
NK細胞が、がん細胞を攻撃する能力においては
ダントツ最強であることは、もう、これ以上、
隠し続けることはできないでしょう。

そんな中で、タカラバイオ社が、「NK細胞の
高純度培養に成功」と、投資家向けのプレス
リリースを行いました。 
仲間内の学会でも発表したようです。

証券新聞に続き、日経などもネットで記事を
流していました。

自社技術を用いて、T細胞(ナイーブな
ヘルパーT、、、、 ま、細かいことは
省略します)を増殖させ、そのT細胞を
用いて、NK細胞の密度を90%以上に高める
培養に成功した、としています。

このやり方では、まず遺伝子操作した細胞を使用し、
ヘルパーTh1を培養してから、更にNK細胞の培養をする、となっています。
これではとんでもないコストになります。
しかも、がん患者由来の細胞ソースを用いると、条件はまちまちで、実験のようにはいきません。

まだまだ実用性は遠い先の話、という記事です。

とりいそぎ、この辺まで。

>>全投稿記事一覧を見る