藤井真則のブログ

このブログはリンパ球バンク株式会社の社長時代に、会社社長ブログとして会社HP上に掲載されていたものです。ちょうど還暦を迎えるタイミングで社長の責を後任に譲り一時は閉鎖しておりましたが、再開を望まれる方もいらっしゃるため、別途個人ブログとして再掲載するものです。ANK療法という特定のがん治療に関しては、同法の普及のために設立されたリンパ球バンク株式会社のHP(リンクをお願いします)をご覧ください。
本ブログは、あまり標準的ではない特殊な治療の普及にあたり、「常識の壁」を破るために、特に分野は特定せずに書かれたものです。「常識とは、ある特定の組織・勢力の都合により強力に流布されて定着したからこそ、常識化した不真実であることが多い」という前提で書かれています。

TOP > NK細胞培養に関する報道(3)

2010年12月30日

  

がん, 免疫

2010.12.30.

(前回の続き)

日経バイオ誌がNK細胞について書いた記事の一つが
日本で開催された国際会議における韓国企業の
プレゼンテーションの場面を取り上げたものです。

韓国の薬事法は、米国法をモデルにしており
免疫細胞療法も、薬事法が適用法令となります。
そのため、臨床試験のデータなどを審査され
政府が承認しないと実施できません。

現在、韓国企業が、がん患者から採取した白血球の
中から、NK細胞を選択的に増殖させて、患者体内に
戻す免疫細胞療法の臨床試験を実施していると
報告しました。
どこの国でも同じですが、患者をランダムに
2つのグループに分け、一方は、化学療法を実施
もう一方に化学療法と免疫細胞療法を併用し
両者の余命を計る、というものです。

フェーズI とフェーズIIの結果では、
有効性は確認されていない、現在、
フェーズIIIに入っているという報告でした。

丸山ワクチンも同じやり方で臨床試験が実施され
丸山ワクチンと化学療法の併用では、3年間の
評価期間終了時に、たった3%しか生存者が
いなかった、効果はそれだけしかない、と酷評されました。
もっとも、化学療法単独のグループは生存率ゼロだった
のですが、、、

何十年たっても、化学療法単独のグループと
化学療法との併用のグループの差異を見るという
基本は変わっていません。

免疫システムを傷める化学療法と
免疫力でがんを叩く療法を併用する理不尽は
子供が考えても分かることですが、
この数十年、ずっと変わらず続いている
「奇行」です。

こんな試験をやられると、NK細胞も効かないという
訳の分からない結果が出てしまうかもしれません。

そもそも、ANK免疫細胞療法であれば、化学療法と
同時併用はできません。化学療法によって、正常細胞が
異常化し、NK細胞が正常細胞を攻撃するからです。
また、化学療法後に最初に培養細胞を点滴するときは
猛烈な熱が出る傾向があります。
化学療法をお休みする休薬期間中にANK免疫細胞療法を
行う場合は、投与間隔を空け、細胞数を減らして
標準パターンより遥かに治療強度を落とします。
本格的にNK細胞で攻撃するのは、化学療法を
止めたあとです。

治癒を目指すレベルの治療強度まで、
活性を高めたNK細胞を十分量、投与すると、
化学療法と併用などできないはずです。

弱い治療強度で、延命効果を狙うものなのでしょう。

日経バイオ誌がどう解説しているかは、次回に。

>>全投稿記事一覧を見る