藤井真則のブログ

このブログはリンパ球バンク株式会社の社長時代に、会社社長ブログとして会社HP上に掲載されていたものです。ちょうど還暦を迎えるタイミングで社長の責を後任に譲り一時は閉鎖しておりましたが、再開を望まれる方もいらっしゃるため、別途個人ブログとして再掲載するものです。ANK療法という特定のがん治療に関しては、同法の普及のために設立されたリンパ球バンク株式会社のHP(リンクをお願いします)をご覧ください。
本ブログは、あまり標準的ではない特殊な治療の普及にあたり、「常識の壁」を破るために、特に分野は特定せずに書かれたものです。「常識とは、ある特定の組織・勢力の都合により強力に流布されて定着したからこそ、常識化した不真実であることが多い」という前提で書かれています。

TOP > ES細胞研究に予算の嵐が、米国グラント解禁!

2009年03月12日

  

えとせとら

2009.3.12.
 
 
オバマ大統領が、ES細胞研究への助成金再開の
大統領令に署名したため、内外に波紋が広がっています。
 
まず、この「助成金再開」の意味ですが、
事実上、政府として「研究を再承認した」
に等しいものです。
 
米国では、基礎研究を国家機関が統制します。
国防総省、エネルギー省、全米科学財団、
国立衛生研究所(NIH)、などで、米国の基礎
研究費の95%以上を賄っています。
グラント、つまり、お金をくれるわけです。
お金の流れを制御することで、
基礎研究活動をコントロールします。
 
 
日本では、基礎研究費に占める公的資金は、
せいぜい3分の1程度であり、民間資金による
研究活動は、米国よりも、活発であり、
それだけ自由度も高いのです。
(研究費の絶対額は小さいですよ、日本は)
 
免疫細胞療法も、米国NIHの資金で開発されましたが、
その後、本家米国ではパタリと、少なくともNK細胞を
用いるLAK療法そのものの開発は、殆ど止まってしまい
ました。 そのほんとうの理由は、米国における「お金」を
中心に組み上げられたシステムにあります。
 
このテーマは別の日に廻すとして、今日の本題の
ES細胞について。
 
NIHのグラントが使えるとなると、米国に限らず、
日欧などからもグラント目当てに、ES細胞をテーマにした
研究活動に、沢山の研究者が群がります。
NIHの基礎研究予算は、年間、兆の単位ですから、
日本の全医薬品産業の開発費を上回ります。
日本の開発費といっても、大半が、既存製品の保険適用範囲の
拡大とか、海外で開発された医薬品を日本の健康保険適用の
ために、データを積み上げる、とか、ある程度、目標や計画が
立っている開発プログラムに投入されるのであって、
NIHのグラントは、オール基礎研究予算ですから、
全く、桁が違います。
 
日本のiPS細胞研究センター(略称CiRA、サイラ)が、
活動を始めてますが、
日本の手漕ぎの小船iPS丸が、一艘、弓矢を積んで、
太平洋に漕ぎ出したら、海の向こうから、
原子力空母を中心とする大機動部隊が攻めてきた、
それ位の戦力比があります。 
 
ES細胞は、一人の人間に育つ可能性のある受精卵から取り出すため、
それは、人命を損ねる行為ではないか、と、轟々たる非難を浴びました。
この凄まじい非難のため、では、何に使うのか、
 
ESとか、iPS って、
本当に人々の幸福実現のために
使えるものなのか?
 
肝心の議論は、霞がかかり、「倫理上の問題点」に注目が集まれば
集まるほど、「素晴らしく有益なんだけど、倫理上の問題がある」
という雰囲気が醸しだされるのです。
 
動物実験は、「動物が可哀想!!」と、
抗議され、非難轟々となればなるほど、
 
「いくら科学的に必要なものとはいえ、、、
  可哀想だから、、、 やめよう、、、」
 
そういうニュアンス、トーンとなっていくのです。
 
本当は、動物実験なんて、科学的には
意味がないのですから、やめるべきもの、
という、本来の論点が
隠されてしまいます。
 
 少なくとも、研究から、開発段階へ移行した
 医薬品の、「安全性」を調べる目的で、

 動物を大量に殺すのは、何の意味もないし、

 専門家なら、そんな動物実験データなんて、
 誰もまともに見ようともしません。
 人間でやってみないと、何にも分からないからです。
 
 
iPS細胞は、結局、がん化するため、
実用には無理があります。
いや、ウィルスを使用しない方法が
開発されたので、もう、がん化の心配は
なくなった、と、言ってますが、その代償に
増殖速度が遅くなってます。
使いにくくなった上、結局、長期間、培養し続けると、
やがては、がんになる可能性があります。 
早く増殖するから組織再生は手早くできる、
その代わり、がんにも早くなってしまう。
ゆっくり増殖させると、組織再生には使いにくくなる、
がんになるのは、随分、先のことなので、がん化するか
しないか、結論が出るまでに、時間がかかります。
 
その点、ES細胞は、倫理上の問題を別にすれば、
遺伝子操作を加えたiPS細胞よりも、「加工度」が低いため、
iPS細胞よりは、安全だろう、と考えられています。
こっちを使っていい、となれば、
iPS陣営は、大苦戦に陥ります。
 
過去、何度もあったパターンなのですが、
日本がイニシアティブをとろうとすると、
米国は、それまで封印していたものを
持ち出して、日本の動きを潰しにきます。
 
ちなみに。
ブッシュ政権が8年前、ES細胞へのグラントを凍結したのは、
カソリック協会の反目が背景にあります。
人の国に、「大量破壊兵器をもっているから」という理由で、
戦争を仕掛け(一番、大量破壊兵器をもってるのは、米国、
あるいはロシアですが)、散々、無茶苦茶にしておきながら、
いや、大量破壊兵器はなかったね、で済ましてしまう
大統領が、真剣に、細胞についての倫理問題を考えるとは
想像すらできません。 では、なんで、ブッシュは、ES細胞研究への
グラントを凍結したのか。
 
カソリックであれ、黒人組織ネーション・オブ・モスレムであれ、
まともに敵に廻すと、選挙に勝てません。
そもそも、イラク侵攻の際、ローマ教皇自ら
戦争回避を訴え、当時、米国へ行くと、いたるところで、
そのシーンが放映されていましたね。
徹底したカソリック総本山の抗議を無視して、
イラク侵攻を強行したため、
ブッシュ政権とカソリックは、
かなり関係が悪くなり、選挙にも影響がでました。
 
その点、オバマ氏は、今なら、当選したばかりですから、とりあえず、
選挙への影響は最小に食い止められます。
また、日本に負けるぞ! と、大義名分も立ち易いです。
それにしても、医療産業が儲け過ぎている、薬価を下げなければ
いけない、医療費を抑えるんだ、と、重要選挙公約に掲げていたオバマ氏が、
何故、今、このタイミングで、ES細胞解禁に踏み切ったのか。
 
 
では、この辺りで。

>>全投稿記事一覧を見る